日清工業株式会社 採用情報

NISSEI Industry Corporation

会社概要

常に一歩先の技術を追い求めて…

日清工業は、金属やセラミックスなどの加工ワークの平行二面を同時に、そして一瞬で研削する、“両頭平面研削盤”を設計・製造する工作機械メーカーです。

あらゆるものに使用されるベアリング、内燃機関に欠くこと出来ないピストンリング、自動車やオートバイの安全走行を支えるブレーキディスク、ハイブリッド車の駆動モーターやCT/MRIなどの医療機器に使われる希土類磁石、パソコンやスマートフォンなどに使われる電子部品など、これらの量産加工には、高精度で高能率な”両面研削加工”はなくてはならない加工技術です。

人口2万人の富山県八尾町で製造された当社の両頭平面研削盤は、今やその60%以上が海外へ輸出されており、現在、27か国で使用されております。グローバルニッチ向けの精密研削盤ですが、その中でも特に大型の立型両頭平面研削盤においては世界トップシェアを有しております。

当社は完全受注生産方式を取っております。受注機毎に設計、電機、組立の担当者を割り当てます。設計から製造までを行う一貫メーカーですので、エンジニア達は一連の流れを経験し、問題を共有しながら、エンジニアとしての研鑽を積み、一人の立派な技術者へと成長して行きます。

当社は2018年に創立40周年を迎えることが出来ました。日本における両頭平面研削盤メーカーとしては遅いスタートでしたが、40年の時を経て、世界トップレベルで戦って行ける技術集団となりました。この業界は世界でも十指に満たないメーカーで競合するニッチな世界ですが、独自技術による業界随一の機械剛性と匠の仕上師により一つ一つ手仕上げされた高精度な主軸スピンドルが生み出す世界最高レベルの加工精度により、一度採用頂いたお客様には80%以上の高いリピート率を誇っております。

これから就職を迎える学生の皆さんには色々な職業の選択肢が有り、大変悩まれることと思います。ご家族の意見、希望も色々とあると思います。安心を求めて大手企業や公務員を志向するも良いでしょう。一方で、私共の様な世界に通用する“モノ作り”に興味が有れば、一度、弊社の工場を是非見学して頂きたいと思います。貴方が係わった機械が世界中で使われているのを想像してみてください。ワクワクして来ませんか? 富山県の小さな町から世界へ挑戦してみたい、そういう元気な若者を私共は求めております。

代表取締役 田川 政俊

会社の概要

平面研削盤メーカーとして、日清工業は常にものづくりの原点を支えてきました。
1979年の創業当時、研削・研磨仕上げ加工機の国産化からスタートし、日清工業は誕生しました。
その歩みは「誰にも造れない高性能な物を造ることで付加価値を付ける」という精神のもと、常に変革と挑戦をしてまいりました。
現在、日清工業の高精度研削技術は、国内はもとより世界27ヵ国以上で使われており、世界有数のシェアを持つようになりました。
私たちが目指していること、それは最高の技術とサービスを絶えず追及し、グローバルニッチリーダーとして工作機械の新しい価値と可能性を、世界中のお客様へお届けすることです。
社員一人一人が自らの能力と個性を発揮できる環境を大切にし、各種教育や福利厚生にも力を入れています。

事業内容


研削盤内部
研削盤、超仕上盤等の設計・製作業務

自動車部品をはじめ様々な精密部品の両面を同時に研削加工する工作機械を製造しています。世界各国に取引があるため、将来的には海外出張もあります。皆で一つのものを作り上げたい方、失敗を恐れず何事にも挑戦できる方を求めています。

概要

会社名日清工業株式会社
会社設立1979年(昭和54年)7月1日
資本金9,500万円
従業員数90名
取引銀行三井住友銀行 富山支店
役員名代表取締役    田川 政俊
専務取締役    尾﨑 幸雄
取締役技術本部長 滝内 史貴
取締役営業本部長 中村 直樹
取締役製造本部長 山口 昌明
売上高2016年(第37期) 2,826百万
2017年(第38期) 3,042百万
2018年(第39期) 3,092百万
2019年(第40期) 3,282百万
2020年(第41期) 3,200百万

  • 工場外観

  • 工場内の様子

品質・環境方針

当社は、研削盤、超仕上盤等の設計・製作業務を通じて、環境保全への貢献及びお客様第一主義に徹し、培ってきた技術力を基盤に日々工夫を通じて、常にお客様のニーズに見合った製品を提供します。 環境関連の汚染の予防、関連する法規制及び当社が同意するその他の要求事項を順守し、次の事項を行動基準として、品質・環境マネジメントシステムを運用するとともに、システムの有効性を継続的に改善するための活動に取り組みます。

行動基準

  1. (1) 購買管理の徹底により不良品の発生を防止します。
  2. (2) 品質ロスの削減によりコストダウンを図ります。
  3. (3) 原価試算精度の向上により原価管理を徹底します。
  4. (4) 環境・安全配慮型設計により環境負荷低減に努めます。
  5. (5) 電気使用量の削減により省エネ活動を推進します。

日清工業株式会社 代表取締役 田川 政俊

略歴

1979年大阪府箕面市で日清工業株式会社設立。
1980年立型両頭平面研削盤1号機を独自開発。
1982年立型砥石ラップ盤を開発。ワークドライブ方式を開発、立型両頭平面研削盤に搭載。
1985年大阪府豊中市へ工場新築移転。
1986年資本金を5,000万円に増資。
超仕上盤1号機を開発。
1990年生産能力増強の為、工場を富山県富山市八尾町へ新築移転。
1991年資本金を9,500万円に増資。
1995年両頭平面研削盤で世界初の0.3mm仕上を可能とするV-250型機を開発。
1996年両頭平面研削盤と超仕上盤の複合盤1号機を開発。
本社を富山県富山市八尾町に移転。
薄物ワーク対応のワークドライブ方式を開発。
立型両頭平面研削盤に搭載。
1998年薄物ワーク対応のワークドライブ方式を開発。
立型両頭平面研削盤に搭載。
2002年自動車ブレーキディスク専用立型両頭平面研削盤V-570PDR型機を開発。
2004年箱型ベッドにクイル式主軸を搭載した高剛性構造横型両頭平面研削盤H型機を開発。
2007年新型横型両頭平面研削盤H型シリーズ完成。
2012年富山本社工場において、ISO9001、14001の認証を取得。
2014年大阪府豊中市に大阪技術センターを開設。
2017年当社初のシーメンス社製制御機器を搭載した立型両頭平面研削盤V-5M型機を国際金属加工見本市「EMO Hannover 2017」に出展。
2018年キャリア揺動加工中のワーク自動搬送を容易にした立型両頭平面研削盤V-4PW型機を開発。

ページトップ